読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もキツネの嫁入りなり

コンコンコンと響いてく

MENU

JALの「どこかにマイル」は半額だし地方活性化するし神サービスな予感がする

生活

f:id:wakax2:20170117165924p:plain

JAL(日本航空)が2016年12月12日に「どこかにマイル」という新しいサービスを開始したのですが、何だかこれ、すごく良いサービスな気がするんです!今はあまり飛行機を使わないんだけど、今後社会に出てから利用する機会が増えると思うので(金銭的の理由)、とても嬉しい!

 

通常の半額で旅行に行ける

通常と比較し、「どこかにマイル」では半分のマイルで航空券を取得できるそうです!これ、かなり大きいメリットだと思います。単純に考えて2倍旅行ができるわけです。

往復航空券 通常:12,000マイル どこかにマイル:6,000マイル

 

行先はランダム

「どこかでマイル」を利用した場合、行先はランダムになります。JALから4つの行先候補地が提案され、利用者はそこから選ぶことになります。

これ、僕は面白いと思います。

今までの旅行は 「○○に行こう!」→「最適な交通手段は?」 という流れでした。

しかし、「どこかにマイル」を利用することで「行先は決まってないけどとりあえず何処かに行きたい」という欲求が叶えられます。

この部分のニーズはなかなか多いんじゃないでしょうか?僕も「目的地はとくにないけど旅行がしたい」と思ったことがあります。

利用者は「飛行機に乗るためのJAL」から「旅行をするためのJAL」に意識が変わると思います。

 

地方の活性化

申し込みをする際に日付を入力します。そして、その日付の予約状況により、席が空いている行先を4つ提案してくれます。

つまり、このサービスは基本的に「利用者が少ない目的地」を提案してくれます。これは地方の活性化につながるはずです。

「思いもよらなかった候補地だけど行ってみたら面白いかも!」「あまり知らない場所だから調べてみよう!」このように、あまり認知度が高くない場所に目を向けてくれるチャンスになります。

 

Win-Win-Winなサービス

利用者は半分のマイルで旅行ができ

JALは空席を減らし

訪問者が少ない地域へ人が集まる

 

非常に面白いサービスだと思います。 早くどこかに参ってみたいです。

 

どこかにマイル