今日もキツネの嫁入りなり

日々の何気ない事象を僕という関数に突っ込んでドロっと放出されたモノを逃がさないように集めたブログです

オカマと恋話した想い出を振り返る

「火をつけてくださる?」

 

時刻は23時30分。

バイト先から自転車で帰宅している最中、僕は女性に声をかけられた。

 

 

「火がないのよ。あなた、ライター持っているかしら?」

 

「ええ、まぁ」

 

「良かった。じゃあそこのベンチにいきましょう」

 

何故、火を付けるだけなのにベンチへ行くのだろうか? 天気予報で今夜は雪が降り寒くなると言っていたし早く帰りたいんだけど…。そう思いつつ、僕は言われたとおり高架下の公園にあるベンチに腰をかけ、ライターに火を灯した。

 

カチッ

 

「どうぞ」

 

「ありがとう。あなたは何ていうの?」

 

「若居です」

 

「わかちゃんね。私のことは純ちゃんて呼んでね」

 

「あ、はい」

 

「わかちゃんは煙草を吸わないの?」

 

「はい、このライターは夏に花火をした時のものなんです」

 

「そう。丁度良かった。」

 

 

彼女が咥えた煙草に火を付けた時、僕は違和感を覚えた。しかし、まだ理由が分からない。一体この感覚は何なのだろうか? こんなに不思議な雰囲気を纏った女性とは出会ったことがない。

 

火を付ける役割を終え、だんまりと遠くのビルを眺め続けるしかなかった僕に、彼女が話を降ってきた。

 

 

「私ね。オカマなのよ」

 

 

あんたオカマかよ。不思議な雰囲気はただのオカマオーラだったのか。

 

 

というかオカマと初めて会ったよ。

暗かったのもあって全然気付かなかった。

服装って大事なんですね。

 

 

「今年で53歳なの」

 

 

53かよ。いや53だわ。よく見たらこの人老けてるわ。僕の目は節穴かよ。

もう自分の感覚を信じられない。

 

 

 

ところで、この人はどのタイプのオカマなのだろうか?

 

好きな人は男性? 女性? 両方?

 

 

「さっきまで彼氏の家にいたのよ」

 

 

男だ。

 

 

「髪を切ったことを褒めてくれたの」

 

 

純粋に心が女性な人だ。

 

 

「楽しかったわ〜」

 

 

楽しかったのか。

 

 

「あなたも今度こない?」

 

 

何だその誘いは。

 

 

「きっと彼氏も喜ぶわ」

 

 

どういう感情だよ。

 

 

「でも今日は遅いから明日ね」

 

 

僕、そんなに行きたいオーラ出てる?

 

 

というかさっきから太もも触るんじゃないよ。

 

 

「あなた、彼女はいるの?」

 

「えぇ、いますよ」

 

「そっか」

 

 

 

 

「じゃあ彼女と来なさい」

 

 

彼女来てもいいのかよ。4人で楽しくUNOでもやるの? 正月のおじさんか。

 

 

 

「…どうしたの? 彼女とうまくいってないの?」

 

「いや、そういうわけでは…」

 

「伝えたいことは、しっかりと言わなきゃダメよ。察するなんて、男と女じゃできないの。わかちゃんはこれからどうするの?」

 

「学校を卒業したら東京で仕事をする予定です」

 

「彼女は?」

 

「彼女は…。地元へ行きます」

 

「遠距離ね。せっかくの縁だから、私が長続きする秘訣を教えてあげるわ」

 

 

 

「それはね、恋から愛へ切り替えることよ」

 

 

愛…

 

 

「恋の延長に愛は存在しないわ。恋が終わる前に、愛を育てなさい。愛はね……」

 

 

 

 

 

当時付き合っていた彼女に対して一時間ほど愛のレクチャーを受けた僕は、次のステップへ進めるという自信が湧いてきた。

 

「わかちゃん。電話番号教えて」

「080-xxxx-xxxxです」

「じゃあまた何かあったら連絡してね」

 

満足そうな純ちゃん。

 

「今日は楽しかったわ。本当はライター持ってたけど声をかけてよかったわ。またね」

 

そう言い残して、純ちゃんは闇の中へと消えた。

 

 

 

 

もしかしたら、オカマの方が恋愛について深く理解しているのかもしれない。

 

性別を、本能を、いくつもの障害を超えた愛。

 

53歳の純ちゃんは、僕の100倍くらいの経験があるのだろう。

 

授業料を払いたいくらいだったが、太ももを触らせていたのでまぁいいだろう。

 

 

ここでふと思ったことがある。

 

 

もし、あのとき僕に彼女がいなかったら、どうなっていたのだろうか?

 

また異なった未来が訪れていたのだろうか?

 

 

 

 

例えばこのように

 

 

 

 

「彼女とは…。別れました」

 

純ちゃんは一瞬だけ、戸惑いの表情を浮かべた。

 

「全部僕が悪いんです。彼女がいることを当たり前だと思っていた。感謝の気持ちが足りなかった。いつの間にか、好き勝手に振舞っていた…」

 

言葉にするたび、抑えていた気持ちが溢れてくる。

 

「僕は、サークルのライブがあることを大義名分として、彼女に会わずギターの練習ばかりしていたんです」

 

呆れられた理由は分かっていた。僕が、彼女に対して怠けていたからだ。

大丈夫だろうと思っていたからだ。

 

「もう誰も好きにはなれません。夏に打ち上げた花火と同時に、感情が消えてしまったんです。空っぽなんです。何も入っていないんです。血も、心も、魂も」

 

純ちゃんは何も言わない。

 

オレンジ色の街灯に照らされた公園には、風の音、車の音、工事の音が響いている。

 

 

そのまま1分ほど時が過ぎた頃、純ちゃんが口を開いた。

 

 

「あなたは私に似ている」

 

 

僕は言葉が出てこなかった。困惑の表情を浮かべる僕に、純ちゃんが語りかける。

 

「昔は今と違ってオカマに対する理解が少なかったわ。学校ではよく虐められるし、先生も助けてくれない。だから私は仮面を被ったの。本当の私が出てこないように」

 

顔は笑っているが、明らかに無理をしている。

 

「仮面を被った生活は快適だったわ。だから、社会の中で生きていくには少数派の私が黙っていればいいんだって、そう思ったの」

 

純ちゃんは遠くの空に浮かぶ暗雲を見ながら話し続ける。まるで過去の自分に語りかけるように。

 

「でも、いつか限界がくるわ。仮面の下は空っぽになったと思っていたのに、熱く叫びだすの。このまま私を殺す気かって。驚いたわ。人の意識ってこんなにも強いなんて、思っていなかった」

 

力強く、確信した表情で続ける。

 

「あなたも今、辛い想いをしている。そうでしょう? その心の痛みは、あなたの本心と現状との乖離によるものよ」

 

 

風が吹く、一呼吸の間。

 

 

「だから―」

 

 

 

「あなたの心も、空っぽになんかなっていない」

 

 

 

その瞬間、僕の世界から音が消えた。

 

こんなにも静かだったのか。ずっと動いていたエアコンが突然停止した時のように、ノイズが消えて初めて気づく静寂さ。

 

これなら、小さな叫びも聞き逃さない。

 

 

僕が望んでいるものは

 

 

「すいません。僕にはここは静かすぎます…。一人じゃ生きていけません」

 

純ちゃんは悪戯に微笑みながら、小声で言う。

 

「それじゃあ、私の音もあげるわ」

 

彼女の心音が身体を伝って聞こえた。

 

人のリズムを聞いてこんなに気持ちが良いなんて。ギターでも弾きたい気分だ。

 

 

僕は一つの疑問を投げかける。

 

「愛とはどこから生まれるのでしょうか」

 

 

僕の背中を見たまま、彼女は答える

 

 

「キスもしないまま一緒に眠る。それが愛の始まりよ」

 

 

オレンジ色の公園には二人のシルエットが浮かんでいる。風に乗って雪がやってきた。

 

時刻は0時51分。天気予報は半分当たりで半分外れ。雪は降ったが、寒くない。

 

 

 

 

文章だけならまだしも顔知ってるからだめだこれ。

 

自宅でプチオフ会と見せかけた秘密会議withポメパンKitarou

f:id:wakax2:20170927000540j:plain

 

こんにちは、わかです。

僕は週末、自由が丘に行ってきました。

 

皆さんは「自由が丘」に対してどのようなイメージを持っていますか? 幼き頃の僕はさぞかし自由なんだと想いを馳せていたのですが、実際は真逆。

 

オッシャレな雰囲気にのまれ、万年猫背の僕は背筋をピシッと伸ばすだけで精一杯。

 

疲れてベンチに座ろうものなら紙袋に入れたバットのようなバケットをチラチラさせたオッシャレな人達の「ごめんあそばせ。席を譲ってくださらないかしら」とでも語りかけてくるような目にやられ、そそくさと退散してしまう。

 

ここは不自由が丘である。

 

 

 

なぜ僕が固唾を飲んでこの地にやってきたかというと、それはブロガー仲間に会うためなのです。

 

今回、会ってくださったのはブログ「ポメツパンツァー」を運営している「Kitarouさん(id:xyzkitazyx)」です!

 

実は家が近いこともあり、以前からプチオフ会を計画していたのです。

 

カフェどうする?

ここら辺、オッシャレなカフェが多いですよね〜

とりあえず歩いてみようか!

 

 

歩いた結果、エクセルシオールカフェになりました。

チェーン店にハズレなし

 

1時間ほど、ブログの話や身の回りの話をしました。

やはりKitarouさんは意識がすごい! そして、経歴もやってることも全然違いますが、 いくつか共通点があるため良い刺激を得られました。

 

わか君て通勤時間はどのくらいなの?

9分です

え!? 勤務地は?

〇〇です

えー! 一緒じゃん!

えー! 一緒なのぉ!

 

衝撃。

 

 

ちなみに、Kitarouさんは来年からタワーマンションに住むかもしれないと言っていました。クッソエリートですね。

 

オ〜フ〜会! オ〜フ〜会!

 

 

お互いにやりたいことなどの熱い話もしたところで、場所を移します。

近くのコワーキングスペースを探したところ、僕の自宅から30秒だったので、僕の自宅へ行くことにしました。

 

何も無いですよ

いいよ

椅子無いですよ

床で大丈夫だよ

 

 

荒れ果てた部屋を掃除するため、Kitarouさんには少しの間、駅付近で待っていてもらいました。

 

掃除してなくてすいません・・・

 

掃除終わりました。来てください

何か食べ物とかいる?

適当にお願いします

は〜い。さすがに冷蔵庫はあるよね?

いや、無いです。

 

 

 

あ、備え付けのがあったので電源入れときます〜

 

f:id:wakax2:20170923160712j:plain

ありがとうございます! 久々に飲む麦茶がうめぇ!

 

 

もう少ししたらキャスやろうか

そうですね。
あ、そうだ。それぞれ自宅でやってる風に始めて「実は隣にいました〜」ってのやりません?

いいねw そうしようw

 

 

 

カタカタカタ! ターンッ!

 

今日の出来事の下書き終わった

 

はっや(お茶クイッ)

 

f:id:wakax2:20170923160717j:plain

 

お茶うまぁ〜

 

 

あ、Kitarouさんが来たことTweetしよ

 

 

 

 

↑それぞれ自宅でキャスやってる風に見せようと思ってたのに一緒にいることをバラすバカ

 

 

 

ツイキャスの方はテスト配信のつもりだったのですが、思ってたよりも視聴してくれていたので楽しかったです。

いっしーさん(id:issizzz)とも久々に話せましたしね!

 

これからも時間をみつけてやりたいですね〜

 

 

ちなみに、今週の土曜日(9/30)にいっしーさんと泥酔キャスをやる予定です。

気が向いたら来てね。

 

 

あ、そうそう。Kitarouさんとはこれから様々な企画をやろうと思っていて、今回はその会議だったのです。

人と何かやるって良い学びになるんですよね。楽しみです。

 

企画でもキャスでもお話でも、誘われると嬉しいのでお気軽にお声かけください〜

 

 

Kitarouさんが書いてくれたのは以下の記事です

www.mein-pompan.com

クオリティの高い肖像画を無料で描いてもらったからアイコンとアイキャッチにしました!

f:id:wakax2:20170917165145p:plain

こんにちは、若居キツネです。

 

皆さんは自分の肖像画を描いてもらった経験はありますか?

よく観光地などで似顔絵を描いている人っているじゃないですか。僕はそれを見るたびに「やってみようかな」と思っていました。しかし、服装を気にしだしたり時間がかかったり持ち帰るのが面倒だったり、結局描いてもらった事ってないんですよね。

 

そんな僕に先日、嬉しい依頼が舞い込んできました!

それは、写真を使った「肖像画のモデル」です。

 

依頼してくださったのは、はてなブログ「ムスッコ成長レポートとママ雑記」を運営しているママママママッマ(id:mskprpr) さん。通称「ムスぺろ」さんです。

ムスぺろさんのブログには度々4コマ漫画が登場するため絵が上手な事は知っていました。しかし、僕は思い知ることになりました。ムスぺろさんの圧倒的な画力を。

 

提供させていただいた写真はこちら

f:id:wakax2:20170916164650j:plain

これは僕が髪を切った時の画像です。

www.fox-wedding.com

 

さて、この画像からどのような作品が出来上がるのでしょうか?

楽しみですね!

 

待つ事一週間

 

続きを読む

好きな事に対して出来ない理由を並べ始めたら一度振り返ってみてほしい

 

こんにちは、ふと気付いたら一ヶ月以上もブログを更新していなかった若居キツネです。

 

いや〜、時が経つのはあっという間ですね〜。そろそろ記事を書こうかなーなんて思ったら前記事から一ヶ月も経っていたなんて。ビックリ! それだけ仕事を頑張っていたってことですね。良し良し。

 

 

 

いや、すいません実は気付いていました。せっかく読者になってくださった皆様、申し訳ありません。

 

「おい!早くキツネを出せ!」「Twitterやってないで記事を書け!」と、怒り心頭な皆様に少しでも納得してもらうため、理由をまとめましたのでご説明させていただきます。

 

続きを読む

初めてブロガーオフ会に参加したらSNSの皆に逢えたし気付きが沢山ありました

f:id:wakax2:20170730143914j:plain

 

こんにちは、若居キツネです。
先日、初めて新宿御苑へ行ってきました。

f:id:wakax2:20170725222349j:plain

都心にもかかわらずとても自然の豊かな場所で、社会人になり荒れ果てた僕の心に一時の安らぎを与えてくれました。(でも暑くて身体は休まらなかった。汗がめっちゃ出るの。自宅に帰ったらシャツに塩が付いてたからね。入園料を払うだけにとどまらず塩を生産してきたからね。「ん?この塩を摂取すればセルフ永久機関じゃね?」とか考えながら満喫してきましたよ。えぇ)

 

サラリーマン化した僕の理性を保つ最後の砦である「週末」に何故、新宿御苑に行ったかというと、実はオフ会があったのです!

しかも! ただのオフ会ではありません!

僕がいつも仲良くさせて頂いているいっしー。』さんが開催する最後のブロガーオフ会!!

これは行くしかないでしょう!

続きを読む

【就職前夜物語】社会人になる前の最後の日曜日、世界が僕を虐めてくる件

f:id:wakax2:20170703072623j:plain

前夜という表現をする場合、前向きな心持であることが多いのではないだろうか? 入学前夜・卒業前夜・出産前夜など、不安の中にもウキウキした気持ちが存在する。なかでも僕は子供の頃に見た「ドラえもん『のび太の結婚前夜』」のエピソードをよく覚えている。しずかパパの例の名言にとても感動し、のび太になろう思った人も多いのではないだろうか。僕は思った。

 

さて、僕は今日から社会人となる。つまり昨夜が僕の「就職前夜」だったというわけだ。資金が尽き、ニートにも飽き、丁度良いタイミングである。僕は早く働きたいと思っていた。

 

 

そう、平穏の日々を送っていた2日前までは・・・

 

 

 

 

―1週間前―

僕はMacBookProを買うために東京へ行きました。家電量販店に行けば値下げをしてくれるという情報を聞き、それはもう戦場へ赴く兵士が如く向かいました。

最初はポイント還元率が3%でしたが30分の格闘の末、14%まで上げてくれました! やったね!(交渉したわけじゃなく、僕が優柔不断を発揮していたらどんどん上げてくれました)

還元率を上げるために「ファイナンシャルプランナーの方とファミレスで保険について面談をする」という少し面倒な約束をしてしまいましたが特にそこまで問題はないでしょう。(数日後、面談に行きましたが「無職は面談できない」って言われました。店員には無職って伝えてあるのに! ただ僕が傷ついただけじゃん! 結果的に面談はしてくれたけど!)

クレジットカードの残高が足りなかったのでMacは後日引き取ることになりました。

 

―昨日―

Macを受け取りに量販店へ行きました。

頭金を支払っていたため引き換えとなるレシートを見せ、ついにMacを受け取りました。

f:id:wakax2:20170703001915j:plain

 

 

さっそく開封しました。

 

 

 

結果、初期不良

 

 

トラックパッドがバコバコしてる

 

 

あと何故かAppleID認証時にキーボードがバグる。

f:id:wakax2:20170703002153g:plain

デリートキーを押しても数字が入力されていき、ついには「試行回数制限」になりアカウントがロックされました。(このバグは初期不良ではなく仕様だそうです。半角入力にしたら直りました。内部で勝手に変換するようなプログラムを組んでおけよ! もしくはコメントを表示しろ!)

 

 

量販店へ舞い戻りスタッフへ説明し、新品へと交換してもらいました。

 

 

しかし、AppleIDがロックされているのでAppleサポートセンターへ電話しなければいけません。

 

ピポパポピ トゥルル~トゥルル~ガチャッ

 

僕「試行回数制限にかかりました」

スタッフ「2~3時間で直ります

僕「はい」

 

 

自宅にはネット環境が無いのでスタバに向かいました。

 

そしたらめっちゃスタバ混んでるの。

 

ヤバい、席待ちの行列がヤバい。

日曜だし熱いしそりゃそうですよね~。

 

でもMacの初期設定をするには並ぶしかないのです。

 

MicrosoftImagineという学生が無料でWindowsやOfficeをダウンロードできるサービスを使ってMacにWindowsをぶち込みたいからです。

テザリングでWindowsをダウンロードしたらスマホが死んでしまいます。

だから30分間並び続けました。

 

席に着いてから読書をし、アカウントロックから3時間半が経過しました。

 

 

よっしゃ~ついにMacを使えるぞ~

 

 

 

AppleID「まだロック中やで」

 

僕「は?」

 

 

1時間後

 

AppleID「まだやぞ。お前気が早いな~(笑)」

 

僕「・・・」

 

 

 

さらに1時間後

 

AppleID「もしかしたら明日までかかるかな~」

 

僕「」

 

 

 

 

よし! AppleIDがなくても設定できるものだけでもやっちゃおう!

 

Windowsならダウンロードできるし時間かかるから最初にやるか~

 

 

 

Microsoft「お前もう学生やないやろ」

 

僕「え? 学生じゃなくても12ヶ月はダウンロードできるって・・・」

 

Microsoft「アカウントを作成してから12ヶ月や。お前は1年3ヶ月前に作っただろ? もう期限切れてるで」

 

僕「」

 

Micorosft「WindowsとOffice、合わせて5万払ってな」

 

僕「つらたん」

 

 

 

僕「あ、短冊がある。幸せになれるようにお願いをしよう」

f:id:wakax2:20170703011225j:plain

 

 

織姫&彦星「タダで願えるなんて思うなよ」

f:id:wakax2:20170703011339j:plain

 

僕「うぐっ・・・。す"み"ま"せ"ん"・・・」

 

 

 

僕「こんな日はジムに行って体を動かすに限る! 負けるな! 明日から社会人だろ!」

 

ジム「今日はいつもより4時間早い19時に終了やからもう終わってるで。ホームページに書いてあるやろ?」

 

僕「本当だ・・・。書いてある・・・」

 

 

 

 

僕「あっ・・・」

 

 

僕「明日早いからもう寝ないと・・・」

 

 

 

 

 

 

 

ということがありまして!!!

 

 

 

もう精神が擦り減っているんですよ!!!

 

 

これら全ては自己責任で起きているんですよ!

 

 

一番痛いのはMicrosoftImagineが使えず5万を払うことです!

 

どうしよう! ブートキャンプする予定で512GB買ったのにまだmacOSしか住んでないよ!

 

 

あ"あ"ぁ"~!!! 5万か"~!!!

 

 

いや、でもお金払えば解決する問題だろ?

 

払えばいいだけじゃん!!

 

すぐに昇給して5万なんて近似的にゼロにしてやんよ!!!

 

 

そして朝ですよ! 今日ですよ!

 

もう時間が迫っています!!!

 

この記事を添削する時間もねぇ!

 

でも今日中に更新したい!

 

家出る!!

 

うぉりゃっ!

f:id:wakax2:20170703005435g:plain

 

 

 

 

初出勤! 行ってきま~す!

f:id:wakax2:20170703005531g:plain

 

 

その後、彼の姿を見た者は誰もいなかった。

 

 

ー完ー

 

学生のうちにMicrosoft Imagineに登録して無料で高価なサービスを利用しよう
ブログの強みはGIF動画にある!簡単に作成・変換・圧縮・貼り付けする方法
【髪物語】地元から離れるので中学からずっと通い続けた美容室へ別れを告げにいった結果 

「知りたい」と「伝えたい」の架け橋「教えて!ヒャッハー委員会!」に参戦しました

f:id:wakax2:20170630014607j:plain

生活には疑問がつきものです。人生は疑問を解決していく作業の連続だと言っても過言ではないでしょう。

僕らは毎日疑問と戦い続けていますが、時には一人で解決できない事だってあります。そんなときは、周りを頼ってみるのも一つの方法だと思います。

 

実は今、SNSを通して疑問を解決する画期的なシステムが始動しています。

  

そう、それこそがDAC(id:dacs)さんが立ち上げた

 

「教えて!ヒャッハー委員会!」

 

です

  • ヒャッハー委員会とは
  • 回答ブロガーになりました
    • 僕の特徴・できること
  • 質問例
  •  まとめ
続きを読む